歯周病ー歯周病とは?歯周病の概要と症状など 佐瀬歯科医院・歯周病治療・インプラントホームにもどる】

日本歯周病学会・歯周病専門医による歯周病の解説ページです

歯周病とは?歯周病の概要・症状など
歯周病は歯を破壊します
歯周病は慢性の歯周組織の病気です。歯や歯ぐきについた歯垢(プラーク)に細菌が入り、歯ぐきや歯をささえる骨などを破壊してしまい、最後には歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病は重度の状態になると完治させるのはひじょうに難しいといわれています。軽度のものであれば治療によってほぼ完治させることも可能です。

日々ブラッシングやプロによるクリーニングによって出来る限り進行を遅らせたり、予防するようにしたいものです。
歯周病は感染症です
歯周病の原因となっているのは、『歯周病菌』といわれる悪性の細菌です。いわゆる感染症です。歯にたまったプラーク(歯垢)に『歯周病菌』が『歯周ポケット』(歯と歯ぐきの間)とよばれる溝の中に入り込みます。・・歯肉炎

『歯周病菌』は酸素をひじょうに嫌うのでこの無酸素状態の中ではどんどん繁殖します。歯周炎とよばれる炎症を経て最後には歯周組織を破壊するに至ります。
自覚症状がないまま進行します
歯周病は『沈黙の病』ともいわれ、最初は自覚症状がほとんど無く進行します。初期のうちに発見するには定期的な検査が必要です。
具体的には下記のような段階で進行していくといわれています。
初期・・・ほとんど自覚症状はありません。
      ↓(歯肉炎)
    【歯磨きで出血、痛みはない】
歯と歯ぐきの間に炎症が進行
      ↓(歯周炎)
     【歯肉が腫れ、膿が出る】
歯槽骨が破壊され、歯が抜けてしまう

歯肉炎の段階までは治療によって完治することが出来ます。歯周炎に進行してしまうと治療による完治が困難になります。
※現在は再生療法によって完治が可能な場合もあります。
歯周病は生活習慣病です
歯周病は歯やを破壊するだけではなく、全身の健康に大きな影響を及ぼすことががわかってきました。歯周病にかかっていると生活習慣病の発病にかかりやすくなるまでといわれています。下記は歯周病にかかっている人が一般的に誘発されやすいといわれている疾病や症状です。(代表的な例のみ抜粋)
・冠動脈性心疾患での発作のリスクが高まる
・糖尿病が悪化するリスクが高まる
・(妊婦の方の)早産や低体重児出産のリスクが高まる
・呼吸器系疾患
他にも研究によって様々な疾病との関係が判明してきています。


◆佐瀬歯科医院◆
〒260-0031
千葉県千葉市中央区新千葉3-14-6 TEL043-246-2888
診療科目・・一般歯科 小児 歯周病 インプラント 審美治療
個室診療 駐車場完備 完全予約制